Banner
寝屋川市街地を歩く
This is my site Written by iwasaki on 2009/11/28 – 17:50

大阪市内のボランティアグループから依頼された講演の準備が午前中に完了しましたので、午後からタウンリュックとウォーキングシューズで寝屋川市内ウォークに出かけてきました。
寝屋川市は御堂筋から電車で20分の衛星都市で、マンションと戸建てが乱立する庶民の町ですので、面白発見などないだろうと、ウォーキング以外には余り意図的には歩いてこなかったのですが、人生第二部で時間ができたこともあり、あちこち歩き回っています。
近くの高専の前は、色づいたイチョウの葉が散ることしきりで、見事な黄色の絨毯を敷き詰めています。子供の頃の押し葉を思い出して、綺麗な落ち葉を2~3枚リュックに入れました。
寝屋川市駅周辺には、弥生遺跡が点在していて、雑多な町の中で古代人の営みがうかがえ、また、萱島駅構内には昔から有名な「萱島の大クス」が駅舎を突き抜けています。
淀川から分かれた寝屋川は汚い川と思っていたのですが、すっかり浄化されていて、澄んだ水が流れ、セキレイが遊び、たくさんの鴨が泳いでいました。
我が町も歩いてみるものですね。その気になればたくさんの発見があります。今日は自然との出会いばかりでしたが、関西のおじちゃん・おばちゃんもたくさん住んでいますので、面白い人との出会いも期待できそうです。

Posted in  

Leave a Reply