Banner
友達と親戚だけの結婚式
This is my site Written by iwasaki on 2011/05/05 – 09:44

ゴールデンウィークのど真ん中に親戚の結婚式で東京に出かけてきた。羽田行きの飛行機は思いのほか空いており、5月なのにマスクをしている人が目立ち、近場を楽しむ行楽客で賑わう街中に、震災以降の変化を感じてきた。
白金台にある著名な結婚式場は重々しいおもてなしで満ち溢れているが、来賓は年若い友人ばかり、高齢者の混じる親戚組との2重構造で、テーブル間の行き来がないのが少しだけ寂しい。
友人たちのスピーチやビデオは全てこれまでの思い出ばかりで、これからの結婚生活・夫婦のあり方を語るスピーチが伯父一人なのはこれまた寂しいが、これが今様の結婚式なのだろう。
結婚式を終えて、宿泊するホテルのレストランに集まった親戚達が、未婚の子供の結婚問題、仕事の悩み、これからの人生を語る中に、今の若者達に聞かせてやりたい話題が山盛りである。
日進月歩のグローバル時代には年長者・先輩に学ぶことは少なくなったかもしれないが、その学びを全て捨て去れば、人間としての成長・生活の知恵・人生の知恵が引き継がれない。
若者達と先輩達とが向かい合う語り合いの場の必要性を感じた結婚式であった。

Posted in  

Leave a Reply