Banner
北アルプスこそ我が人生
This is my site Written by iwasaki on 2011/08/10 – 10:05

9年ぶりに北アルプス後立山連峰を3泊4日で縦走してきた。今回は40年来の親友3人であり、固い信頼の絆のザイルで結ばれて万全の登山を予定していたが、ところがどっこい、そうはいかないのが人生である。
山は変わっていない。しかし、登り手が高齢化して、厳しい登りやくさりが張り巡らされた岩稜の連続に、最近一時的な不整脈を起こしていたメンバーがダウン。彼を前後に挟んで、雨に濡れ、雷にはハイマツの下に隠れ、どうにか山小屋までたどり着いた。
メインの縦走を終えた3日目の山小屋では今回のトラブルの原因分析から生き方の問題まで、生ビールを片手に激論まで交わした。
最終日は膝が笑いだした。その昔、結婚を誓い合った妻と初めて登った穂高の下りで、同じく膝が笑いだした彼女を叱咤激励しながら上高地までたどり着いた日のことを昨日のように思い出しながら、1000M近くを下った。
夫婦で出かけた槍や穂高から、友人達と登山倶楽部を作って北アルプス全域を何度も登ってきたが、今では息子たちとも登るようになった。人生の大きな節目の前後にはなぜだか北アルプスに登ってきたようだ。
北アルプスこそ我が人生。これからも寄る年波に負けないように体力づくりに励み、安全第一に登り続けたい。
猛暑の大阪に帰りつき、その暑さにうんざりしていたら、妻から息子達との親子登山の9月の日程を知らされた。

Posted in  

Leave a Reply